2019年11月19日

保護犬譲渡会でお宝に遭遇

イヌ友達の一人が遺棄犬保護活動をやっている。
先日そうしたイヌの譲渡会が鎌倉であり、そこにチャリティーとしてフレームを作って並べておいた。売れれば売り上げは保護犬活動資金として寄付。

4種の材を使ったフレーム5つに桜材のブックエンド。
ransomebook0.jpg

ブックエンドは買い手がいなかったけれど、フレームが4つ売れたそうだ。そのうち一つの材で同じものを作ってくれと注文が入った。

会場隣の窓を何気なく覗いていたら珍しい本を発見。
その昔、岩波からランサム全集が刊行される前に子供向けシリーズとして刊行された30冊のうちにランサムの「ツバメ号とアマゾン号」が入っていたそうだが、これまで目にしたことはなかった。
その全集が机の上に無造作に積んであり、その隣には「源氏物語」が積んであった。あいにく部屋の主が不在だったので手に取ることはできなかったが、写真だけ撮ってきた。

恐らく子供向け全集が刊行された後で愛蔵版として刊行されたものだろう、随分としっかり丁寧な装丁で一冊1000円と定価が記してあった。思わぬお宝に遭遇した保護犬譲渡会でした、セレンディピティ!

ransomebook.jpg

ransomebook2.jpg



posted by サセックス卿 at 09:59| Comment(0) | Projects

2019年11月14日

Sawmill初体験

植木屋さんから頂いたユーカリの原木、チェインソーで丸太を半割にしバンドソーで製材してみる。
いよいよ製材所(Sawmill )初体験だ。

log_00.jpg

log_01.jpg log_02.jpg log_03.jpg

log_04.jpg

少しでも割れを防ごうと切った木口にはペンキを塗りたくり、室内に段ボール被せて乾燥を遅らせる。
持ち帰った半割一つをバンドソーで切ってみたら、木目が直通でないことに改めて気づく。捻じれながら成長する木なんですね、どこを切っても真っすぐな木目は出なくて、これは木目の曲がったところから容易に弾けて割れちゃうなぁ

半割にした時の含水率はがこれ。面白がって置いておく間の乾燥具合を測ってみた。

mill_01.jpg

mill_05.jpg

水分が飛び重量はこの一か月で64%に減じ、その含水率は約15%までに減少している。切ったばかりの生木がこれほど早く乾燥するんだな。でも木材として使うには含水率10%未満というからまだまだ。

さて、一カ月たったところで製材した3本を角材にしてみた。
バンドソーでラフカットしたのち、ルーター・ジョインターで平らな面を作ってみた結果がこれ。
mill_02.jpg 水で濡れると mill_03.jpg
おぉ綺麗じゃないか。木目が捻じれてるからどっちが板目か柾目かも良く分からない(笑)

mill_04.jpg

うん、美しいしユーカリ・オイルの香りがする。でも、あと20個あまりの半割丸太、製材する手間をかけて一体何にするの?

posted by サセックス卿 at 14:50| Comment(0) | Projects

2019年10月23日

出張大工によるリフォーム(続)

とうとうリフォーム業に手を染めることになった。

横浜の家を建てた時に設置した洗面台、白いタイル張りの台にどこやらの洗面ボールをのっけ金色の水栓を取り付けてあったが、それが水漏れしだしさらにボールにヒビが入ってきた。水漏れを直そうにもパッキングが取り換えられない(そもそもどこを捻じってもパッキングが取り外せない)。
ええい、いっそのこと全とっかえだ!

洗面台はそのまま流用、その上にIKEAで(廉価に)入手した洗面ボールをのっける。
そのためにまずタイルを引っぺがす。タイルなんか4点位でモルタルでくっつけてあるだけだろうからハツレば簡単に剥がれるだろう。
と思ったら大間違い。耐水合板になにやら防水性(?)の両面テープか接着剤かなんかでびっちり付けてあり、とてもじゃないが剥し取れない。なんとか前面の一段だけ剥がし取り、耐水合板ごと取り外すことになった。

sennmenn_01.jpg

sennmenn_02.jpg

ハハハ、どうだ壊してやったぞ!洗面ボールもご丁寧にシリコンとモルタルでくっつけてあったが、劣化してて簡単に外れた。でもゴミ出しに一苦労だな。

sennmenn_03.jpg

取り付けるIKEAの(ブルガリア製)洗面ボールが乗っかる部分に補強を施し、この上にウォールナット無垢材(Black Walnut)で作った天板を乗せ一部を切り欠いてボールを嵌め込む。



(追記)
Black Walnutで天板と洗面ボール奥の台を作るが、入手した材をダボ接ぎで組み合わせた。

sennmenn_04.jpg sennmenn_05.jpg

オイルを十分に染ませ、その上にシェラックで防水保護層を作る。シェラック塗装のコツが分かったので表面はツルツル&ピカピカ。あと10回位塗り重ねれれば「フレンチ・ポリッシュ」ということになるがそこまではやらない。天板は下の台にビス留めし、洗面ボールを乗っけ、水栓を取り付け、奥の台を設置した姿がこれ。

sennmenn_06.jpg

水栓の固定と給水給湯そして排水の接続はさすがIKEAと言うべきか日本仕様より簡単イージーな接続法だけど、これで機能的には十分。

始めてやった板接ぎによる家具(とは言えないか)製作だけど、思いのほかキチンとできたと自画自賛。
sennmenn_07.jpg sennmenn_08.jpg
しかし、ブラック・ウォールナットは綺麗だなぁ。硬い木だからカンナで目違いを削っていても気持ちよく削れるし、残った端材で何か作りたくなっちゃう。


posted by サセックス卿 at 22:06| Comment(4) | Projects

2019年10月20日

この原木をどうしよう?

近所に出入りしてる植木屋さんが、台風に備えてどこぞで伐採したというユーカリの丸太を薪にと届けてくれた。

ユーカリか、葉っぱをコアラがモグモグするやつね。調べたら目の詰んだ丈夫な木で枕木にも使われるそうだ。
トラックに積んできてくれた丸太を見てちょっとビックリ。こんな太いユーカリがお庭に植わってたんだ。植木屋さんもユーカリのこんな大木は滅多にないよと笑ってた。

log.jpg

樹皮がとんでもなく厚いこと、チップに使われるのも納得できる。なぜか芯が白くて辺が赤い。これって普通と逆だよね。
ほんとに目の詰んだ美しい木で、薪にしちゃうのがもったいない。

バンドソーで製材しようにもうちの小さく非力なバンドソーでは太すぎて切れない。縦に割ってやればなんとか製材できるかもしれないが、手持ちの電動チェインソーでは歯が立ちそうにない。うーん困ったけど、この白と赤の入った板が作れれば素敵だろうなぁ、なんとか板にしてやりたいなぁ。

私はいったい何を考えてるのだろう(笑)?

posted by サセックス卿 at 20:31| Comment(0) | Projects

2019年09月24日

Tally Hoプロジェクト:材が足りない

Tally Hoプロジェクト、着々と進展してますね。
ここ何回かのエピソードでは、多くのボランティアの手を借りてフレーム設置をやっつけた。そのための人員配置やら作業工程やらのマネジメントを引き受けてくれるボランティアがいたそうで、船の骨組み構造を成す全44本のフレームが設置され、いかにも木造艇らしい美しくセクシーなラインが現れた。

frame_01.jpg

frame_02.jpg

いやぁ本当に美しいなぁ。ホレボレしちゃう。

さてこれからハルの外板張り(プランキング)に移るわけだが、その前にフレーム最後端にくる「Fashion Piece(トランサムにプランクを固定する材)」を作るのだが、材(Live Oak)が足りなくなった。残っている材には節や割れがあり、どうしても木取ができないそうで、そのための材をポート・タウンゼントまで買いに行っていた。もちろん南ジョージア産のLive Oakだそうだ。

それと同時に、これから始まるプランキングのためにすでに発注してあった材をシアトルまで受け取りに行っている。
外板に使用するのは「Warner」、ストリンガーには「Angelique」を使うそうだが、いずれも聞いたこともない材だ。スリナム(南米、ブラジルの北)にある製材所に発注してあったものだそうだが、それが長いコンテナに積まれて海を越え運ばれてきた。
ちなみにお値段は$21,000とのこと。銀行預金残高に大きな穴が開いたそうだ。もっともこれをチークで揃えようとしたら(そんな大きな材は入手不能だそうだが)$70,000はかかるだろうとのこと。

このクラスの大きな船に張るプランク、その長さは想像を遥かに超えている。こんな長いプランク材が必要なんだなぁ。

frame_03.jpg

受け取りに行った先の材木商の好意で、片隅に置かれたコンテナを改造した乾燥窯(キルン、kiln)で含水率53%の材をゆっくり乾燥させるそうだ。長いコンテナ窯だけど、あいにく乾燥機械が内部にあるため材が出っ張ってドアが閉まらない。でもそこは腕のある船大工たち、その場でドアの外に枠を延長して仮ドアを作っていた。

フレーミングに参集したボランティア達が去った造船所、Leoは一人でプランキングに向けての作業をしている。
まずはプランクをステムに納めるためのカットウォーターの加工から。
まだ四角い形をしているパープルハート材のステムをまさに「水切り」型にカットしていくのだが、ラフカットはチャインソーだ。

frame_04.jpg

frame_05.jpg

この次のエピソード辺りからいよいよプランキング、ハル製作の最終段階ですね。楽しみ楽しみ。


posted by サセックス卿 at 20:04| Comment(2) | etc.